治療にかかる費用 | 美容整形外科で不健康なイメージのクマを治療していく

治療にかかる費用

マフラーを撒く

睡眠が足りていなかったり、体調不良によって現れる青グマや、アイシャドウや化粧品が原因で現れることが多い茶グマなどはセルフケアで解消することができます。
しかし黒グマと呼ばれるクマは自分で解消するのが困難なため、美容外科で施術をするのが一般的な対処法です。
黒グマやたるみの原因は加齢によるものです。
人は年を取ると誰でも筋力が衰えますが、これは目の周辺の眼輪筋も同じでやはり少しずつ衰えていきます。
眼輪筋がゆるむとまぶたの下のあたりにある眼窩脂肪が押さえきれなくなって突出してくることがあります。
この突出した脂肪が皮膚を盛り上げてみせるため、肌がたるんでその陰影がクマとなって黒く見えます。
これが加齢によるクマとたるみの原因です。

他の青グマや茶グマと違ってセルフケアが難しい黒グマはクリニックなどを訪ねて、医師とのカウンセリングの後に美容外科施術でその原因となっている眼窩脂肪を取り除いたり、脂肪などを注入してたるみも取り除きます。
この施術法は複数あり、それぞれメリットとデメリットが存在するため、施術を受ける前に自分である程度調べて知っておくと、医師とのカウンセリングなどもよりスムーズにいきます。
施術は大きく分けてメスを使って切開をする方法と、切開をしないで施術する方法とがあります。
メスを使う施術では下眼瞼下切開と呼ばれるまぶたの下の部分を切開して脂肪を切除する方法があります。
切開しない方法では経結膜脱脂術と呼ばれるまぶたに穴を開けて脂肪を取り出す施術があり、他にもヒアルロン酸やレーザーを用いた施術があります。