クマの種類 | 美容整形外科で不健康なイメージのクマを治療していく

クマの種類

アイシャドウ

実はたるみやクマは複数の種類があってそれぞれ原因が違っています。
例えば睡眠不足によって出来るクマは青グマと呼ばれており、これは血行不良によってまぶたの下辺りが青く見える症状です。
この青グマならば十分な睡眠を取ることで改善することができます。
しかし中には加齢が原因で起こるクマがあり、それが黒グマと呼ばれれるものです。
黒グマはその名称どおり黒っぽいクマですが、その原因は多くがたるんだ皮膚や盛り上がった皮膚にあります。
このうち盛り上がった皮膚は眼窩脂肪がせり出したものです。
眼窩脂肪は加齢によって周りの筋肉が衰えると前方にせり出してくることがあり、それが皮膚の盛り上がりとなって現れます。
この対処法としては最も確実な手段はクリニックで、美容外科施術を受けることで眼窩脂肪を切除してもらうことです。

顔の目立つ部分に出来るため、深刻な悩みとなりがちな目のまわりのたるみなどは外科施術によって改善をできますが、その予防や軽い症状の改善ならば、日々の生活の中でも行う事ができます。
その方法の肝となるのが保水力の維持にあります。
保水力が失われると肌の弾力がなくなるため、皮膚が垂れてくることがあります。
またシワなどが目立つようになるなど、美容において乾燥した肌は何一つ良いことがありません。
このためたるみ対策、そして美容対策としても保湿力の維持は常日頃から意識して、スキンケアなどを行っていくのが重要となります。
またクマも青グマは睡眠不足が原因ですから十分な睡眠を取ることで解消でき、茶グマも色素沈着を原因としていますから、肌のターンオーバーを促進する成長因子の含まれている基礎化粧品の使用などが有効です。